FC2ブログ


                                              
ぼくが☆になった日
- 2019/07/12(Fri) -


ぼくは奈良県で生まれ4か月の時に

関西空港から飛行機に乗って東京の

ママのお家にきました。



1歳になる前に尿道結石がみつかり

療法食を始めました。

でも、それが合わなくて

腎臓の病気になっちゃったんだ。

8年間毎月病院に点滴治療をするために

通いましたが・・・



15年前の今日、

ぼくmallon、マルチーズ♂は

天国に行きました。


201907081201047d2.jpeg




その年の6月

おじいちゃんはスキルス性胃がんで

危篤になってママは

遠くの病院へ行く事になりました。

ぼくの病気もギリギリのところだったので

ママはぼくがいつも通っている病院に

ぼくを預けて行きました。


2019070910160482e.gif


おうちの中を駆け回っていたのとは違って 

病院ではいつも狭いケージの中。 

それで調子悪くなっちゃって

天国へ行ったおじいちゃんのお葬式などを

終えたママが迎えに来ても 

すぐには帰れなかったんだ。 



2~3日してやっと家に帰れたんだけど 

糖尿病になっちゃったの。 

ママは肘の手術を9月に控えていたけれど 

痛い腕でぼくを抱き上げ 

家の階段を下りて車に乗せて 

2週間、毎日点滴に通ってくれたよ。

そのうち、ぼくの舌の先が緑色に変化して 

壊死しちゃったんだ。 



壊死すると舌が痛いだけじゃなくて 

短くなってお水も飲めないし 

ご飯も食べられなくなっちゃうんだよ。 

先生がスポイトをくれて 

ママはそれにご飯を入れたり 

お水を入れたりして 

ぼくに食べさせてくれたんだ。 



でもそんなんじゃ、たいして食べられないし、 

食べたくなかったんだ。 

それでまた入院することになっちゃった。 

先生はもう食べそうなものなら 

「何でもいいから持ってきてください」 

と言うのでママは入院中のぼくに

大好きなチーズやキャベツを

20190710111824caa.gif


 
せっせと運んでくれました。 

でもぼくは食べられなかったんだ。 



点滴だけでなんとか繋いでいたけれど 

もうだめかもしれないと 

先生は「最後はお家で過ごさせてあげて」 と、

ぼくは7月11日にお家に帰ってきました。 

 

その日は朝から暑い月曜日だった。 

昨日の夜ぼくは、

ママのそばで 寝たかったんだけど 

ママは肘が痛くてぼくを抱く事が出来ないし 

ぼくはもう後ろ足が立たなくて歩けない。 



ぼくは隣のリビングのケージの横に置いてある 

おばあちゃんが買ってくれたかごで寝たんだ。 

明け方苦しくて

「ママ~、ママ~」って呼んだけど 

毎日のぼくの通院に疲れてぐっすり寝てた。 

ぼくは前足を出して

ママの所に行こうとしたんだ。 

その時天国に行ったおじいちゃんが

ぼくを迎えに来たの。 

201907081821054c0.jpeg



ママは朝起きてきてぼくが 

「ママのそばに行きたいよう」

って言うかっこうで 

目をあけたまま冷たくなっているのを見て 

呆然と立ち尽くした。 

時間が止まってしまったみたいだった。



ママはぼくの目を閉じてくれた。 

体を綺麗に拭いてくれて 

いつも使っている籠に

新しいタオルを敷いてくれて

ぼくをその中に寝かせてくれた。 



病院の先生に電話して事情を説明したら 

先生は

哲学堂にある動物霊園を紹介してくれた。 

明日午後から

お葬式をやってくれると言う事だった。 



ママは病院でリウマチの診察の日だった。 

リビングのケージの上に

ぼくの入った籠を載せて、

冷房をつけたまま病院へ向かった。 



診察は時間がかかるのでぼくの事が 

心配だから薬だけ貰って帰る事にしたんだ。 

薬を待っている間も

人目を憚らずに泣いていたよ。 



病院から帰ってくると 

チェリーちゃんがお花を持って来てくれた。 


20190708113336178.jpeg


チェリーちゃんはいつもぼくのうちに来ると 

「mallon,mallon」って 

優しい声で呼んでくれて遊んでくれたから 

来てくれて嬉しかったよ。 

チェリーちゃんは

ケージの上に載せられたぼくの隣に 

お花を飾ってくれて

お線香を立ててくれたんだ。 

ママはまたチェリーちゃんと一緒に

泣いていたよ。 



次の日、ぼくを見たママは 

(もしかしたら、生きているかも?)

って思ったみたいだけど、 

ぼくはぬいぐるみのように動かなかった。 

ママはチェリーちゃんがくれたお花で

ぼくの周りを飾ってくれた。


20190708113337572.jpeg



青い花がぼくの白い体に良く似合っていたよ。 

ママはまた悲しくなって泣いていた。 


お昼過ぎ、お葬式をあげるお寺に出発 

8年間短かったけど

たくさんの思い出のあるこの家、

この駐車場から車に乗って

何度出発したことだろう。 

それももう、今、この時が最後。 

さようならぼくの大好きだったおうち 

よく散歩をしたこの道、あの曲がり角 

もう、この白くふさふさした毛、 

真っ黒な目、鼻のこの体で 

二度と戻ってくる事はないんだ。 



20190709103304c24.jpeg



10年前の記事を抜粋、編集しました。

 
長い文を最後まで読んでくださって

 ありがとうございました。  



 

夏に弱いのでコスモスの季節まで

お休みします。





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村




人気ブログランキング



CHEMISTRY♪最期の川

この記事のURL | 愛犬mallon | TB(0) | ▲ top
mallonを思い出して
- 2010/01/23(Sat) -
   
   

http://img92.imageshack.us/img92/2871/12238048jr9.swf

  ブロ友さんの記事で見ている近所の公園 あの時、ここまで歩いて来られなかった。 今日初めて来てみました。  
   
   
   ハナミズキの木があるなんて知らなかった。   
   今は簡単に歩けるのに 足が痛い時、mallonの散歩でこの距離が長かったなぁ。   
   18日はお誕生日だったんだ。   
   生きていれば14歳。 忙しくて、眠くて、いろんな事を忘れてました。   
   帰って来たら隣のクロちゃんがお出迎え 「こっち向いて」と言ったのに・・・   
   
   ♪Jeux.interdits(禁じられた遊び)   
http://vlog.xuite.net/_a/MTc4MzYyOA==&ar=1&as=1
この記事のURL | 愛犬mallon | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ワンワンワンの日
- 2009/11/01(Sun) -


http://blog.roodo.com/oei/5f783077.swf

  今日11月1日はワンワンワンで 犬の日です。 犬についての知識を身につけ、 犬をかわいがる日だそうです。 ペットフード工業会等6団体が 1987(昭和62)年に制定しました。  A保険株式会社が 10月29日に発表した 「犬の名前ランキング」の調査結果 ぼくmallon
の名前は去年と同じ3位でした。 美味しそうなスィーツ
の名前が 上位に入る傾向があるみたい。  人気犬ランキングでケヴィンちゃんは2位 ぼくマルチーズは19位 性格は「明るく、外交的ではあるが、 神経質なところもある」です。 ぼくとケヴィンちゃんは天国にいるけど みんなワンコを可愛がってあげてね。  ちなみにニャンコ
の日は 2月22日だそうですよ。  




  ♪子犬のワルツ  
 


「犬の名前ランキング」発表 
【総合ランキング】(昨年の順位)
1位:チョコ(1)
2位:ココ(4)
3位:マロン(3)
4位:モモ(2)
5位:ソラ(5)
6位:ココア(8)
7位:ハナ(6)
8位:モカ(7)
9位:モコ(9)
10位:ミルク(12)

2008年10月1日から2009年9月30日までに同社のペット保険「どうぶつ健保」に新規加入した0歳のイヌ、計8万6310頭の名前を調査した結果、2005年の第1回以来首位をキープしている「チョコ」が総合・男の子部門で2冠に輝き、今年も根強い人気を見せた。

 次いで2位には、映画「ココ・アヴァン・シャネル」の影響か、昨年の4位から順位を上げた「ココ」が、3位には昨年同様「マロン」がランクイン。そのほか、「モモ」「ココア」「モカ」など、スイーツを連想させるかわいらしい名前がトップ10に並んだ。              「ペット大好き!」



人気犬ランキング (性格)
1位:ミニチュア・ピンシャー (陽気で活発な性格)
2位:キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル (明るく、温厚で、人間が大好き。寂しがり屋)
3位:ポメラニアン (活発で主人には従順。神経質で警戒心からよく吠える)
4位:トイ・プードル (活発で遊び好き。陽気で社交的な性格)
5位:フレンチ・ブルドック (落ち着いた性格からほとんど吠えない)
6位:イタリアン・グレーハウンド (控えめな性格で、見知らぬ人には警戒心を示す)
7位:ジャック・ラッセル・テリア (わんぱくでエネルギッシュな性格)
8位:ビーグル (遊び好きで人なつこく甘えん坊。不審時には独特の声でよく吠える)
9位:ボーダー・コリー (飼い主に従順で抜群の運動神経を持つ犬)
10位:チワワ (活発で陽気な性格だが、デリケート)
                         「価格.com」



この記事のURL | 愛犬mallon | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ワンコとHANABI
- 2009/08/02(Sun) -
'''http://img166.imageshack.us/img166/3364/78781001eh5.swf

  
  花火のシーズンですね。 昨日もこの近くの2~3箇所であったみたいです。 うちからは見えませんが音はよく聞こえます。 だから近所のワンちゃんたちも 一斉に吠えますね。 mallonが生きていた頃も怖がって ママのそばで吠えていましたよ。 先日、一緒に横浜に行った メイさんのうちにもワンコがいて、 去年の花火大会の日に大変なことが 起こったんですよ。 花火の音にびっくりしたワンコは 家を飛び出し迷子になっちゃったんです。 メイさんは上層階に住んでいますが いつもエレベーターを使って 散歩に行っていたので 飛び出したワンコはたまたま来て ドアが開いたエレベーターに乗って 1階まで行っちゃって 外に出て行ったらしいですよ。 警察に聞いたり、ポスターを作って 貼って回ったりして探したそうです。 次の日に近所のコンビニの人が 通報してくれて無事に帰ってきました。  犬は人間より耳がいいので花火の音も そうとう大きく聞こえるんですね。 ワンコを飼っているみなさん気を付けてね~~ 
  Mr.Children♪HANABI 

 犬の聴力は人間の約5,000倍もの音を聞き分け、超音波までをも聞き取ることができるそうです。
自然界に存在するいろいろな周波数の音の中から、犬は65~50,000Hz(ヘルツ)の周波数の音をとらえることができるといわれています。
 人の耳は16~20,000Hzの範囲までといわれ、普段わたしたちが会話をしている周波数は200~4,000Hzで、周波数の多い方が高音として聞こえます。
 犬の聴力は犬種による違いはほとんどないとされ、また、体の大きさにも相関性はないようです。犬にとってもっとも感度がよい周波数は8,000Hz付近といわれ、65Hz以下は聞こえないようです。周波数から見ても人と比べ、犬のほうが数倍高い周波数を聞き分けるかがわかります。よく知られる犬笛は人の耳では聞くことができない超高音波(約30,000Hz)が用いられています。
                              警察犬協会


   Kさん、どれがいいですか? 
この記事のURL | 愛犬mallon | CM(0) | TB(0) | ▲ top
mallonはマロンに
- 2009/07/12(Sun) -
 
 初めてその人に会ったのはひと月ほど前のことだった。 その頃、自分は病んでいた。痛んでいた。 暗闇を彷徨っていた。 愛する人を亡くし気力を失くし 悲しみに沈んでいたのだった。 彼女の好きだったカフェラテを持って お墓の前で話すことだけで日々を 送っていた。 昼間は忙しさに紛れて忘れていても 夜になると 楽しかった彼女との暮らしが思い出され、 自然と涙が溢れ出てくる。 目を閉じると鮮やかに蘇る 彼女の優しい笑顔、愛らしいしぐさ、 あの透き通った目、自分を呼ぶ時の甘い声、 その全てがもう、今、ここにはない。 それでも自分は生きている。 彼女がいた時と同じように 生きなくちゃいけないんだ。 そう思い毎日を過ごしていた。 でも何か虚しい 彼女と知り合った公園であの日と同じように 鳩に豆をあげながら 来るはずのない人を待ってみた。 彼女と歩いた街を彷徨い、彼女の面影を探した。 朝、早く起きて新幹線に飛び乗り 遠くの町に行ってみたこともある。 でも、どこにも彼女はいなかった。 一度結婚に失敗して、 年齢的なこともありこれが 幸せになれる最後のチャンスだった。 年は離れていたけれど 幸せな結婚生活は2年続いた。 なのに彼女は突然・・・ 悲しみにくれ失意のどん底にいた自分に 親友が「ブログでも始めてみれば」と アドバイスしてくれた。 何もわからないまま とりあえず始めた。 書く事なんて何もない ただ日常の事、自分の事、彼女の事。 一日5回も6回も一言だけでも 記事にして書くことで 今の自分の存在を確かめていた。 そんな時だったその人のブログを見たのは・・・ その人はお父さんの命日のことを 記事にしていた。 自分は明日もお墓参りに 行くつもりだったので その人のところに一言コメントをした。 その人は自分のブログに来てくれて まだ始めて3日目だった自分の記事を 全部見てくれて励ましのコメントを残してくれた。 その人も病んでいた。 精神的に追い詰められていた。 自分のブログに来ると気持ちが安らぐ と言ってくれて自分が更新した記事 すべてにコメントしてくれた。 ファンも友達もいなかったので いつしかその人に向けた記事を通して 話しかけていた。 数日後、ファンがいない自分に 「友達第1号にしてください」と、ファンポチしてくれた。 誕生日には派手にゲストブックを飾ってくれたり 落ち込んでいる自分に 元気になれるような記事を作ってくれて 励ましてもくれた。 嬉しかった。感激した。 でも彼女のいない隙間を 埋めることは出来なかった。 今まで規則正しい生活をしていたが 夜になると彼女のことを思い出し 眠れなくなりだんだん生活が乱れていった。 

 ある日、いつものように近所の神社に散歩に行くと やせ細った野良犬が自分に近づいて来た。 鳩にあげるために持っていた豆をあげると 喜んで食べた。 お腹がすいていたんだろう 帰ろうとすると付いて来た。 豆をまとめて置いて食べている間に 走って逃げてきた。 夕方、住んでいるマンションの外に出てみると 植え込みのところにさっきの犬が うずくまっていた。 夏とは言え痩せた犬には 植え込みで寝るのは辛いだろうと 自分の毛布を持ってきて置いてやった。 このままじゃいずれ 保健所で処分されてしまうだろう かと言ってこのマンションはペット禁止で 飼う事が出来ない。 前に駐車場で犬を飼っていた人が いたことを思い出した。 明日、朝、管理人さんが来たら聞いてみよう と思いブログにそのことを書いたら その人は喜んでくれて 「じゃぁ、名前を付けなくちゃ!mallonなんてどう?」 と、コメントがあった。 その人のブログ名であり、 死んだ愛犬の名前だった。 「マロン」に決めた。 次の朝早く、管理人さんにお願いしてみると 駐車場1台分の月々の費用、 犬小屋設置、近所には迷惑をかけない の条件のもとに許可がおりた。 さっそく、犬小屋を買いに行き マロンのための全ての必需品を揃えた。 マロンは自分には良くなついた。 可愛くて賢い犬だった。 でも野良犬だったためか 他の人や他の犬には怯えていた。 ブログでmallonさんが 犬の飼いかた、食べ物 躾け、良い病院へ連れて行って 検査、予防注射などの事を教えてくれた。 病院で検査をしてもらうと マロンは2才くらいのメスで 栄養失調はあるが他には問題はなかった。 予防注射もしてもらった。 マロンが来てから毎日が楽しくなった。 ご飯を持って行くと鼻を摺り寄せてきて甘えた。 朝、晩の散歩が楽しいものになった。 生活が変った。生きがいが出来た。 マロンの中に亡くなった彼女の魂が 宿っている気がして・・・ 
 ご本人の了解を得て記事を作成しました。 多少の想像はありますがすべて事実です。 ママはmallonがマロンちゃんになって 生きてくれているようですっごく嬉しいです。 長い文章の最後までお付き合い頂いて ありがとうございました。  ♪Nostalgy 
 
 

この記事のURL | 愛犬mallon | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ