FC2ブログ
キルトフェスティバル 親子で楽しむ絵本キルト
- 2015/01/30(Fri) -


 


第14回東京国際キルトフェスティバルは
一昨日で終わってしまいましたが
とっても可愛いので最後に
「親子で楽しむ絵本キルト」を紹介します。


子育て世代の若手作家13人が、
絵本の世界をキルトにしました。

撮れるだけ撮ってきました。


















































































































知っている絵本はピーターラビットだけでしたが
初めてのものも楽しく見ることが出来ました。













最後までご覧頂き
ありがとうございました。



♪世界の約束

 

 



この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第14回東京国際キルトフェスティバル 「キルト大賞」他
- 2015/01/28(Wed) -




 「第14回東京国際キルトフェスティバル―布と針と糸の祭典―」
 
会場はいろいろなコーナーに分かれています。


著名人が自慢の手仕事を紹介するコーナー
わたしの“手仕事”スタイル


ブラザートム(アーティスト)  
フエルト小物や紙の帽子、油絵









  由紀さおり(歌手)   
ビーズのバッグとクロスステッチ刺繍のバッグ



 




 松本明子(タレント) 
お子さんに作った通学バック









NHK「すてきにハンドメイド」で募集したキルトブロックを繋げた
パートナーシップキルト
テーマは「スィーツ」




.








スーちゃんがかわいい!








キルトコンテストは
「トラディショナルキルト部門」
「創作キルト部門」
「和のキルト部門」
「ジュニア部門」
「額絵キルト部門」
「バッグ部門」の6部門で行われます。


400点近い作品があるそうですが
目を引かれたものだけ撮ってきました。






































この「ひまわり」と







こちらの「芍薬」はミシンキルトでした。

布地を染めるところから始めたそうで
インパクトのある素晴らしい作品でした。







「幸せ回転寿司」企業賞クローバー賞













キルト大賞は「無音」神奈川県









つづく・・・



次回、最後は「親子で楽しむ絵本キルト」です。



♪華麗なる大円舞曲 ショパン



 

 
この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第14回東京国際キルトフェスティバル 「大草原の小さな家」他
- 2015/01/26(Mon) -
 
 
 


 

 
 
 

 
 
「第14回東京国際キルトフェスティバル―布と針と糸の祭典―」
 
2015年1月22日(木)から28日(水)まで、
東京ドームで開催されています。
 
今日行ってきましたが全体で、作品総数は1800点以上。
ご紹介するものが多く
3回に渡ってアップしますね。
 
 
日本で最初にキルトがブームになったのは、
1975年に放送されたアメリカのテレビドラマ
「大草原の小さな家」がきっかけだったらしいです。
 

 
 
 
 
 
特別企画は「キルトでつづる大草原の小さな家」
 

 
 
 
 
 
主人公ローラが暮らした部屋のインテリアや
 

 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
西部に向かう幌馬車の様子など、
 

 
 
 
 
 
ドラマの世界がたくさんのキルトで演出されていました。
 

 
 
 
 
 
この反対側には三浦百恵さんの作品も展示されてました。
 

 
 
 
 
 

 
 
百恵さんの人気は毎年のことですが
人ごみをかき分けやっと撮影できました。
 
 
そしてこちらも人気。
タレント・キャシー中島さんのハワイアンキルト
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 

 
今年は一段とスペースをとって展示してありました。
 
 
 
 
 
つづく・・・
 
 
 
 
 
♪大草原の小さな家 テーマ
 
 
 
 

http://i266.photobucket.com/albums/ii270/ttlien/pcp_download_047-1.gif
 
 
 
この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さくら色のバックインバック&和風ポーチ
- 2015/01/25(Sun) -
 
 

 
 


昨年末から作っていたバックインバックが出来ました。
 
細長い布を斜めにキルト芯に直接縫い付けて
周りをバイアステープで始末して
半分に折って両脇を巻き縫いします。
 

 
 
 
 
 
反対側はまた違う表情です。
 
 

 
 
 
 
 
中はスマホやめがねが入るように
ポケットを付けました。
 
出し入れしやすいようにファスナーは付けませんでした。
 

 
 
 
 
 
同じ方法で和風のポーチも二つ作りました。
 

 
 
 
 
 
反対側
 

 
 
 
 
 
二つは同じようですが布の並びの順番も
一枚の布の幅も違います。
 
ファスナーも赤と紺
 

 
 
 
 
 
だから
作ったものそれぞれが世界にたった一つしかないんです。
素敵でしょう?!
 
 
 
 
バックインバックとは・・・
 
大きなバックの中に入れて使う、
荷物を仕分けするための小形のバッグ。
インナーバッグ。
 
             デジタル大辞泉より
 
 
 
Nothing to Say
 
 
 

 
 
 
この記事のURL | 洋裁、手芸、パッチワーク | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サロン・ド・ショコラ 2015
- 2015/01/22(Thu) -
 
 
http://i266.photobucket.com/albums/ii270/ttlien/pcp_download_047-1.gif



 
 
 
 
サロン・ド・ショコラ
 
13回目の今年のテーマは
「Chocolat, Patrimoine Universel」
(ショコラ, パトリモワンヌ ユニヴェルセル)
〜未来へのオマージュ〜
 
パリ本会場の雰囲気を体感できるように
去年までの新宿伊勢丹から
西口の新宿NSビルのイベントホールへ移しての開催でした。
 

 
 
 
 
 
1階からエスカレーターを下っていくと
ショコラミュージアム、アート&ファッション。
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
右の「中ホール」にはゴディバ、森永ハイクラウン、
セレクションBOX。
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
左は「大ホール」、世界17カ国、約100ブランドが集結。
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
国内外のスターシェフや限定品、
日本初上陸ブランドも登場しているそうです。
 
実演販売もしてます。
 

 
 
 
 
美味しそうなチョコばかりです。
味と香りはお届けできませんが
目でお楽しみくださいね。
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
イベントスペース『ショコラ』では
日替わりでトークショー&デモンストレーションがあります。
 

 
 
 
 
 
あま~~い香りに包まれて幸せ~な時間を過ごしました。
 

 
 
 
 
 
サロン、ド、ショコラ
■日程:2015年1月21日(水)~25日(日)
 
■営業時間:10:00~20:00

■会場:新宿NSビル 地下1階 イベントホール 
 大・中・小ホール
高層ビル群の都庁の隣です。
 

 
 
 
 
 
東京での開催後は、
名古屋栄三越(同28日~2月3日)、
ジェイアール京都伊勢丹(同28日~2月14日)、
JR大阪三越伊勢丹(同)、
岩田屋本店(同29日~2月14日)、
丸井今井札幌本店(同31日~2月14日)、
仙台三越(2月3日~2月15日)でも開催します。
 
 
 
 
 

♪FRANCK POURCEL-SOUS LE CIEL DE PARIS パリの空の下

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
隠れ家ランチと川越蔵の街
- 2015/01/15(Thu) -
 
 

 
 
喜多院北参道より徒歩5分のところにある
和洋御食事処 栄は
本格フレンチ&和食のお店です。
 
牛タンシチューが美味しいらしいので
ランチに行ってみました。
 
大正13年築の建物で
閑静な住宅街の中にあり、隠れ家的なお店です。
  
掘りごたつの席につくと
生姜の香りのするほうじ茶が出てきました。
 
じっくり煮込んだとろける軟らかさの「牛舌シチュー」。
「お肉を食べた後の器にご飯を入れて食べると
美味しいですよ」と教えてくれました。
 

 
 
 
 
 
このお店は17日の土曜日に放送される
「もしもツアーズ」の「イーグルバスで巡る川越観光」の
中で紹介されるそうです。
 
 
 
 
埼玉県川越市西小仙波町1-14
 
 
 
 

 
 
 
この後すぐ近くの蔵作りの町並みをお散歩。
 

 
 
 
 
 
時の鐘
 

 
 
 
 
 
アクセサリー&雑貨のお店
 

 
 
 
 
菓子屋横丁の
 

 
 
 
 
 
おせんべやさん
 

 
 
 
 
 
お箸のお店(↓箸置きです)
 

 
 
 
 
 
次に来た時に寄りたいうなぎやさん
などを見て歩きました。
 

 
 
 
 
 
二人とも前に一度行ったことがありましたが
新しいお店もあって見て歩くだけで
とても楽しかったです。
 
久しぶりのお出かけで
年末年始引きこもっていて落ちた脚力も復活しました。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初お出かけは初詣  喜多院へ
- 2015/01/11(Sun) -
 
 

 
 
 
今年初のお出かけはCちゃんと初詣。
 
お詣りに行ったのは埼玉県川越市にある寺院、
川越大師喜多院。
 

 
 
 
 
 
慈覚大師が830年(天長7)に創建した天台宗の名刹で、
正式には星野山無量寿寺喜多院と言うそうです。
 
 
広大な敷地には
県指定有形文化財の慈恵堂
 

 
 
ここでお賽銭をあげて
お願いしてきました。
 
 
 
 
 
隣には
小江戸川越七福神の大黒天があります。
 
 
 

 
 
 
 
 
青空に映える多宝塔
こちらも県指定有形文化財です。
 

 
 
 
 
 
その前には枝垂桜
 

 
 
 
 
 
この奥には江戸城から移築され
三代将軍徳川家光・春日局ゆかりの
多くの文化財を所蔵している客殿
 
撮影禁止でしたが徳川家光誕生の間や
春日局の化粧部屋などがあり
いたるところに置いてある様々な形の重厚な箪笥に
目を惹かれました。
 
建物の中から見える庭園には
枝垂桜や
 

 
 
 
 
 
もみじの木も多く
向こうに小さく見える赤い橋と共に
春や秋の
すばらしい風景が想像できます。
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
撮影可のこの渡り廊下は
キュッキュと音がします。
 

 
 
 
 
 
 
 
 

ここで見たかったのは五百羅漢
日本三大羅漢のひとつで
 

 
 
 
 
 
ユーモアあふれる表情で五百以上あります。
 

 
 
 
 
 
こんなお酒を飲み交わしてるのもあるんです。
 

 
 
夜中にそっと来て頭を触ると暖かいものがあって
それは亡くなった親に似ているとか?
 
 
 
 
 
喜多院は毎年1月3日に初大師、だるま市で賑わいます。
 
屋台には大小さまざま、カラフルなだるまさん。
 

 
 
 
 
 
だるまさんの色には意味があって
黄色   金運上昇
ブルー  交通安全
ピンク  恋愛成就
緑    健康祈願
オレンジ 子孫繁栄
金    無病息災
黒   厄除け
白    合格祈願
赤    開運祈願
紫    健康長寿
 
Cちゃんはピンクがほしかったようですが
恋愛はもういらないそうで
お店のおじさんと
 

 
 
 
 
 
息子さんかな?と
 

 

何色がいいか?ああだこうだとやってました。
なかなか決められないので
「全部買ったら?」と言いましたが
黄色と黒に落ち着きました。
 
混雑も一段落した大安のこの日、
冷たい風が吹いていましたがゆっくりお詣りできました。
 
 
この後はランチと川越散策です。
 
 
 
次の記事につづきます・・・
 
 
 
 
 
羅漢とは
仏教の聖者のことです。
羅漢は「阿羅漢(あらかん)」の省略形です。
「最高の悟りに達した聖者」
「尊敬や施しを受けるにふさわしい聖者」の
意味を表します。
禅宗寺院に祀られ、五百羅漢は石仏に多いです。    
                 ヤフー知恵袋より
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |