FC2ブログ
ナチュラルガーデン「さらの庭」 秋のオープン
- 2015/10/31(Sat) -


 
 


5月のオープンガーデンにお邪魔した
記事はこちら
埼玉の秩父にある
ナチュラルガーデン「さらの庭」さんの
秋のオープンガーデンに行って来ました。

もちろん、Cちゃんも一緒です。


 




春に見落としたところも
今回はしっかり見てきました。







池があって、鯉も泳いでいました。







畑ではお野菜を作っていて
秋を感じさせるパンパスグラスが
風に揺れてました。







紅葉は少し色づいていて













キューィがなっていたり







ムラサキシキブ







シロシキブも見ることが出来ました。







もちろんバラのローズヒップは
いたるところにありました。













散策していると



















ちょっとしたところに
可愛いものを見つけることが出来ます。
























テーブルと椅子は休憩できるように
たくさん置いてありますが
























こちらで







お茶とお菓子などをご馳走になり
オーナーのJさんと1時間ほどおしゃべりをして







ローズヒップも頂き







のんびり楽しいひと時を
過ごさせていただきました。






このあともうひとつの
プレ・オープンガーデンに行きました。
次回に続きます。


ご訪問いただきありがとうございました。

Autumn Music〜Beautiful Autumn〜 Beautiful Music

  
この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋色に染められて in 那須
- 2015/10/25(Sun) -



関東にも秋のお便りが来ました。

Cちゃんと二人、那須にある
秋色の森、秋色のガーデンに行って来ました。


東北道の那須高原サービスエリアの
スマートICで下りて山を下っていくコースにしました。


標高1000m以上の那須高原に
平成の森があります。







初めに寄った絶景ポイントは

「駒止の滝」


駐車場のすぐそばに観瀑台があります。








10mの高台から見える風景は・・・




 



駒止の滝は二段滝で
二つの青い滝つぼが紅葉に映えて見えます。

青く見えるのは那須火山の噴火の泥酔や
微生物の反応だそうです。










平成の森は
元は那須御用邸の敷地でした。




御用邸の森には豊かで多様な自然環境が残されており、
ブナの自然林などが広がるほか、
希少種をはじめ多くの動植物が
生息・生育しています。







その豊かな自然を維持しつつ、
国民が自然に直接ふれあえる場として
活用してはどうかとの天皇陛下のお考えを受けて、
天皇陛下御在位20年という節目の機会に、
御用邸用地のおよそ半分にあたる約560haが
宮内庁から環境省へ移管されたそうです。

その後、自然環境のモニタリング調査が行われるとともに、
フィールドセンターや歩道などの整備が進められ、
平成23年5月22日に
日光国立公園「那須平成の森」として開園しました。
         
                    HPより




紅葉のポイントは山道をは少し下ったところにもあります。

森の中の













木道を歩いて行くと







目の前が急にひらけて、現れたのは

「つつじ吊橋」







長さ130m、高さ38mで







体重70kgの人が560人乗っても
大丈夫!

直径65mmのワイヤーケーブルで支えてあるからと
書いてありましたが中央はゆらゆら、ぐらぐら。

眩暈がしているような感覚で
怖くて歩けませ~~ん。







なので思い通りの景色が撮れませんでした。

眼下の絶景は柵やワイヤーがないと思ってご覧くださいね。
















 


そして山道を下り、硫黄のにおいが立ち込める
殺生石を過ぎて


 


Cちゃんが一番行きたかったところに着きました。

那須街道を下りきったところにある

「コピスガーデン」






6月のバラの最盛期に私は一人で行きました。

記事は  こちら

ガーデン雑誌にもよく掲載されているらしく
Cちゃんもずっと行きたかったようでした。











お庭を見ながら







爽やかな風が吹くテラス席で頂いたランチは







地元の食材を使ったパンケーキランチ。







大きなカフェオレボールのカフェラテ。
私の好きなミルクガラスに入ってました。



人も少なくて優雅なひと時でした。




そして秋色のガーデンを散策。
バラと紅葉のコラボに目を惹かれました。







アヒル君たちも元気で
遊んでもらおうと近づいたら
ガ・ガガ・ガガガ~(ほっといて~)と
怒られちゃいました。






バラは思った以上に咲いてました。













アジサイや







セージも見る事が出来ました。



















ショップには







ビオラ







球根







雑貨も買えて、大満足のCちゃんでした。






ガーデン

に染められた二人の休日でした。




ご覧頂きありがとうございました。







♪George Winston

Alone







この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋のオープンガーデン ガーデンカフェ・グリーンローズ
- 2015/10/21(Wed) -


 


春にも何度も行っている埼玉県毛呂山の
ガーデンカフェ・グリーンローズの
秋のオープンガーデンが始まりました。

久しぶりにCちゃんと行って来ました。






入り口では赤くてふわふわで可愛い
ミューレン・ベルギア・カピタリスと言う
長い名前の植物がお出迎え。



 



春にロサムリガニーと言う
白いバラで覆われていた窓辺は






たくさんの赤い実、ローズヒップがなっていました。






ビタミンCが豊富なローズヒップからは
オイルやゼリー、お茶などが作られます。






広いガーデンではノイバラのローズヒップも
秋のお庭を飾っていました。






















カフェで






頂いたケーキにはコスモス











バラも咲き始めていましたが











他にも色とりどりのお花が目を楽しませてくれます。














































ハロウィンが近いので
かぼちゃが飾ってあります。






多肉ちゃんもハロウィン







道具置場もハロウィン
かわいい!!






トイレもかわいい。






ピーナッツの殻で作ったリースもかわいい~~と、




秋の穏やかな日を満喫してきました。



ご覧頂きありがとうございました。







この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いい物見~つけた! 第42回国際福祉機器展
- 2015/10/09(Fri) -






第42回国際福祉機器展

ハンドメイドの自助具から
最先端技術を活用した福祉車両まで
世界の福祉機器を一堂に集めた国際展示会。

14カ国520社が出展します。


展示会場は東京ビッグサイト 東ホール

1階の1~3ホールは

リフト等移乗用品













トイレ、排泄用品







入浴機器







4~6ホールは

福祉車両、杖、歩行器など補助用品、車椅子、

コミュニケーション機器などが展示されていました。

こちらは撮影禁止でしたので

最新機器をパンフレットからご紹介します。































そんな中で私が欲しかった物は自助具。


これはお箸ですが
トングのようになっています。
材質は紫檀で軽く使いやすかったです。







こちらは携帯用でケースもついてます。


撮影の許可を頂きました。




これは何だかわかりますか?
折りたたんであります。







開くと







使い方はボタンホールから差し込んで
ボタンをかけて







引くと留められます。







大きいほうは大きいボタンに使います。

京都の有限会社ウインドと言うところが
販売してます。

握力のない私は
これがあると着られる服が増えて
ファッションをもっと楽しめます。
そしてもっともっとお出かけ出来ちゃいます。


お出かけと言えば靴。
外出用や施設内用といろいろ履きやすく
工夫されたものが展示、販売されてました。


撮影の許可を頂きました。







2階はレストラン街です。

突き当たりのテラスから







ゲートブリッジや







スカイツリーも見えました。







下に見える駐車場はすべて障害者用で
駐車料金は無料です。

遠くに見えるのが一般用です。




来場者は病院や施設、企業の人が多いのかと
思ってましたが
車椅子や介護犬と来ている方や
遠くから来てる方もいました。
みなさん少しでも動けるようにとの思いが
強いのを深く感じました。




会期:平成27年10月7日~
 今日、10月9日(金)10:00~17:00まで。
入場無料です。



自助具とは、
心身機能・身体構造上の理由(身体障害)から、
日常生活で困難を来している動作を、
可能な限り自分自身で容易に行えるように補助し、
日常生活をより快適に送るために、
特別に工夫された道具である。 (例 グリップを太くし握りやすくしたスプーン、
ピンセット箸、ボタンエイド、コップホルダーなど)

自分自身では出来ないと諦めていたり、
人に依存していたことが自助具を使うことにより可能になると、
物理的に生活の幅が広がるだけでなく、
精神的にも積極性が出てくるなど、
自律生活を高める効果が期待できる。

                   Wikipedia


ご覧頂きありがとうございました。




♪SamSmith- Writing'sOnTheWall


この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
国際シンボルマークとヘルプマーク
- 2015/10/02(Fri) -




 
2~3ヶ月前。
近くのスーパーの障害者用の駐車場に車を止めて
買い物をして戻って来た時のことです。
車を出そうとしていると
車椅子の40歳くらいの男の人が話しかけてきました。

「あなた歩けるじゃないですか。
歩けるなら障害者じゃないスペースに止めてくださいよ。
おかげで僕止められなかったんですよ。」

「今度から気をつけてくださいね。」と、
私が反論する間もなく言い捨てて
行っちゃいました。

彼の言い分には3っつの思い込みで間違いがあります。

その1
私が歩けるから
障害者じゃないと思ってること。

その2
障害者じゃないのに
障害者用のスペースに車を止めたと思ってること。

その3
私が車を止めたから
彼が車を止められなかったと思ってること。


この車椅子マークは


正式には「国際シンボルマーク」といい、
障害者を示すマークとして広く一般に認知されているが、
その認識は正しいものではない。
障害のある(障害者に限らず高齢者やケガ人なども含む)人々が利用できる建築物や施設であることを示す
世界共通のマークです。

このマークを車に貼って、障害者優先駐車スペースを利用し、
あたかもこのマークが免罪符であるかのような
使用法がなされているが、
このマーク自体には、なんら法的効果を持たず、
同財団のガイドラインによれば、推奨しない行為ではあるが、
このマークを障害の有する者が乗車する車両に
掲示したとしても、車内に障害をもった者がいる、
ということを意味するに過ぎないとしている。
いわば譲り合いが円滑となるシンボルに過ぎないのである。
Wikipediaより


だから障害者用の駐車スペースには
車椅子マークのシールを貼っていようと
障害者手帳を持っていようと
車椅子に乗っていようと止めることは出来ないのです。

止めることが出来るのはこのカード
駐車禁止等除外標章(身体障害者用)を
持っている人だけなんです。






駐車禁止等除外標章(身体障害者用)
 公安委員会による駐車禁止規制が行われている道路の部分での
駐車が可能となる標章である。
道路交通法にのっとり、各都道府県公安委員会に申請・
許可を受けて交付されるものであり、
交付を受けた本人の使用する車両が駐車するにあたり、
掲示するのが駐車禁止除外指定時の義務である。
Wikipedia


車内に障害をもった者がいる、ということを意味するのは
この四葉マーク(身体障害者標識)なんです。




でも車椅子の彼に指摘されたように
歩ける私は見た目には障害者と認識されません。
ケアマネージャーにも
「こんな元気な障害者は見たことがない」と
言われてますけど・・・


そこで最近知ったマークとカードを
福祉事務所からもらってきました。


ヘルプマークとヘルプカード



義足や人工関節を使用している方、
内部障害や難病の方、または、妊娠初期の方など、
援助や配慮を必要としていることが
外見からは分からない方がいます。
そうした方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを
知らせることで、援助が得やすくなるよう、
作成されたもの。
HPより

中に必要事項が書けます。







まだ、都内だけでしか発行されていませんが
いずれ全国にも
普及すると思います。

カードくらいの大きさですが
電車やバスでこれをつけている人を見かけたら
席を譲ってあげてくださいね。

「何かお手伝いすることがありますか?」と
声をかけてあげると
この世界が優しい世界に変わると思います。


長くなりましたが最後まで読んでくださって
ありがとうございます。





♪Eric Clapton - Change The World




 
この記事のURL | mallonの日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |