FC2ブログ
たまには都内で 「GINZA SIX」
- 2017/04/29(Sat) -

 

先週銀座にオープンした複合商業施設
「GINZA SIX」に行ってきました。
一人では不安なので銀座に詳しいCちゃんも一緒♪でした。








午前10時に着いた時、1階では
10時半からオープンする地下1、2階
1~5階、13階(一部)に行く人の行列が出来ていました。


並びたくない私たちは朝早くから開いている
屋上庭園へ。

桜(カワヅザクラ、
エドヒガン、
オオシマザクラ、
ジュウガツザクラ)や
つつじなどの植物が
ネームプレート付きで植えてあります。







スカイツリーが見えます。







東京タワーも見えます。







「GINZA SIX」が建設される前に建っていた
松坂屋銀座店の屋上にあった護稲荷神社。




二人で写真を撮っていると
30代後半くらいのお兄さんが話しかけてきました。
ナンパ?な訳ないか。

「松坂屋にあった時はもっと寂れてたけど
風情があって良かった」と、

「6階に大きな本があって
手袋をはめて見る様になってますよ」と、
教えてくれました。
何も聞いてないのに・・・



館内にはたくさんのアート作品があります。

見たかったのは草間彌生さんの







水玉模様のかぼちゃのアート作品。
2階~5階の吹き抜けになっている空間(ARTRIUM)に
ぶら下がっています。

5階からと






2階から撮ってみました。
かぼちゃの底には「LOVE FOREVER」と書いてあります。







草間彌生さんのお土産コーナーもあります。
ぜ~んぶ水玉模様。



 








草間彌生さんの「わが永遠の
国立新美術館で開催されています。
行ってみたいのでパンフレットを持っています。
開催中に行けるかな~





「リビングウォール」と言う流れる滝を壁面に再現した
アートもあります。
デジタル仕掛けだそうです。
高さ12mは迫力がありました。









6階は 書籍(蔦屋書店など)、レストラン他。

教えてもらったように
うちのリビングのテーブルくらいの
大きな本が白い手袋と共に置いてありました。
ページをめくる時は着用するようです。







刀や時計、万年筆、カメラなどがショウケースに
博物館のように展示販売されてました。







 13階(一部) レストラン、バンケット他

1~5階 ファッション、服飾雑貨、
ライフスタイル雑貨、カフェ他

 地下1階 ビューティ、お花屋さん












地下2階 食品売り場










和菓子、チョコレート、紅茶など。

軽井沢の帰りによくお土産に買った
荻野屋の「峠の釜飯」は
重たい益子焼のお釜入りと
サトウキビの搾りかすで出来ている軽い物の
2種類があります。
軽い方を買いました。


北海道の「白い恋人」で有名な石屋製菓では
「GINZA SIX」限定味があるそうで
たくさんの人が並んでいました。
買えませんでした。


7~13階はオフィスエリアです。

地下3階には
文化・交流施設の「観世能楽堂」があります。


オープンから約1週間、
そんなに混んでいませんでした。
が、地下2階の食品売り場だけは
何か所も行列が出来ていました。



          ↑magazineより

建築物を見ると設計者が気になる私。
「GINZA SIX」は
葛西臨海水族園や
ニューヨーク近代美術館新館(MOMA)など
多くの有名な作品を残している
日本を代表する大御所の建築家
「谷口吉生」さんだそうです。





ランチは「GINZA SIX」を出て
1丁目にあるCちゃんおススメのお店で












カラフルで美味しい
ロール寿司セットを頂きました。









ご訪問ありがとうございました。







椎名林檎&トータス松本
目抜き通り  
「GINZA SIX」のテーマ曲




 
この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の味覚 +゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+
- 2017/04/26(Wed) -

 


今年も友だちのCちゃんに
「コシアブラ」をもらいました。




「山菜の女王」とも呼ばれているコシアブラの芽は
とてもいい香り。

天ぷらや唐揚げ、おひたしやあえ物なども
美味しそうですが
やっぱり私たちは混ぜご飯。

緑色が鮮やかで食欲をそそります。

皮をむいて、ゆでて持ってきてくれた筍も煮て
春の味覚を味わいました。




レシピはこちら



コシアブラの名前の由来は、
かつてこの木の樹脂(あぶら)を絞り、
濾したものを漆(うるし)のように塗料として
使われていたからだそうです。


ご覧頂きましてありがとうございます。




PAUL McCARTNEY -
THE LONG AND WINDING ROAD


この記事のURL | mallonの日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハナミズキの森
- 2017/04/22(Sat) -






「ハナミズキの森」に行ってきました。













ここは埼玉県さいたま市にある
石井実生園と言う
ハナミズキ生産農場(畑)です。

無料で開放されています。







白やピンクがある中で
ちょっと薄いピンク色のお花。
「ピンクハピネス」はこの園の作出の品種
オリジナルです。







ほとんど予約済みでした。








フレンドシップ、ファーストラブも
オリジナルだそうです。

HPよりお借りしました。




遊び心で所々に動物のオブジェが置いてあります。







ハナミズキの他に
牡丹













黄色いモクレン







ロウバイの実






順路通りに歩いていると
突然森の中に入って行きます。







エビネ蘭







タイツリソウ







ハンカチの木もあります。




ハナミズキは美しかったし
園内はテーマパークのようになっていて
しかったです。

植物の名前は一緒に行った
友達のCちゃんに教えてもらいました。
職業柄とても詳しいんです。






この外国のような建物







テラスから見える風景は







緑がいっぱいのお庭







ガーデンウェディングが出来る
アートグレイス大宮離宮のレストラン
「四季庭」でちょっと優雅なランチをしました。










こちらのアートグレイスウエディングシャトーで
先日まで放映していた
NTV「東京タラレバ娘」の最終回の
撮影が行われたそうです。


ご覧頂きましてありがとうございました。



♪Europa/Santana  


この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
彩湖のサクラソウ
- 2017/04/20(Thu) -

 

埼玉県戸田市にある人工湖の彩湖は
去年、2020年オリンピックのボート競技会場として
候補にあがりました。

その彩湖の東岸に現在約38haの公園
道満グリーンパークがあります。














敷地内には、バーベキュー場や
釣り堀、野球場、サッカー場、動物の遊具







 ピクニック広場などがありますが







私は「戸田ヶ原自然再生エリア第1号地」の
サクラソウを見に行ってきました。







まだピンクの絨毯とまではなっていませんでしたが



















可愛いお花を見ることができました。





「戸田ヶ原」は、昔、戸田の荒川沿いに広がっていた草はらです。
そこは、春になると見渡す限りサクラソウが咲いていたそうです。

江戸時代には、サクラソウの名所として知られ、
多くの人々がお花見に来ていました。

しかし、大正時代末には、摘み取りにより、サクラソウが減少し、
その後町が大きくなっていくにつれて、
1945年ごろ戸田ヶ原はその姿を消しました。

そこで、戸田市では、戸田のふるさとの原風景である戸田ヶ原を
取り戻そうと、2007年から自然再生に取り組んでいます。
戸田市情報ポータルより



彩湖に沿って流れている







荒川を横切るおしゃれな幸魂大橋が小さく見えます。
いつも通っている東京外郭環状道路のシンボルです。







ワンちゃんもお散歩してましたが
名前も知らない鳥さんもお散歩してました。





ご訪問ありがとうございました。


Coldplay -♪ Trouble  



 
加工枠はheeさんより



この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
樹齢800年の桜&さにべる
- 2017/04/14(Fri) -





日本五大桜は大正11年に、
国が天然記念物、もしくは特別天然記念物に
指定した桜で、
数多い桜の中でも特に優美な美しい桜と
言われています。

岐阜県の樹齢1500年余りの国指定天然記念物の
淡墨桜(うすずみざくら)



福島県の樹齢1000年を超える紅枝垂桜
三春滝桜



静岡県の推定樹齢800年シロヤマザクラの
狩宿の下馬桜



山梨県の樹齢1800年とも、2000年とも言われている
山高神代桜



上の四ヵ所は一度は見たいけど
遠くて相当がんばらないと見に行けません。
(画像はウィキペディァより)

でも五番目の埼玉県北本市にある樹齢800年の桜
エドヒガンザクラとヤマザウクラの公配種の
石戸蒲桜(いしとかばざくら)は1時間で行けます。

今が見ごろだと言うので
友だちのcちゃんと行ってきました。


東光寺の右側に




たくさん支えられて





美しい姿を見せてくれました。





地面に雪のように花びらが落ちていたので
ちょっと過ぎちゃったかも。



でも風にひらひら落ちる花びらと
青空に映えたその姿には感動しました。




そしてCちゃんが行きたかった「さにべる」
(SUNNY VALEの略のようです。)と言う
ガーデンショップに。

駐車場は桜が満開です。









多肉ちゃんや





雑貨





新種のバラ





変わったクレマチスなどを見て
春を感じてきました。







ランチを食べたお店の





駐車場では二色の花を付けた枝垂れ桃がきれいでした。













ご訪問ありがとうございました。



いきものがかり
SAKURA






加工枠はheeさんより
 
 
この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
桜の後は 大エルミタージュ美術館展 
- 2017/04/08(Sat) -





世界三大美術館の一つで
ロシアのサンクトペテルブルグにある
エルミタージュ美術館

1764年にエカテリーナ2世(在位1762-1796)が取得。


大エルミタージュ美術館展 
オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち



1万7千点のコレクションから85点が紹介されています。




 プロローグ
イタリア・ルネサンスからバロックへ
          


 (この1枚だけ撮影可です。)




載冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像
(ウィギリウス・エリクセン)






羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像

(ティツィアーノ・ヴェチェッリオ)






聖家族
(ボンベオ・ジローラモ・バトーニ)







オランダ市民絵画の黄金時代




ヴェネツィァのフォンダメンタ・ヌオーベから見た
サン・クリストフォーロ島、サン・ミケーレ島、
ムラーノ島の眺め
(カナレット)






手袋を持つ男の肖像
(フランス・ハルツ)






運命を悟るハマン
(レンブラント・ハルメスゾーン・ファン・レイン)






女主人とバケツを持つ女中
(ピーテル・デ・ホーホ)







フランドル、バロック的豊穣の時代




スケートをする人たちと鳥罠のある冬の風景
(ピーテル・ブリューゲル2世)






田園風景
(ペーテル・パウル・ルーベンスと工房)






クレオパトラの饗宴
(ヤーコブ・ヨルダーンス)






厨房
(ダーフィット・テニールス2世)







スペイン・神と聖人の世紀





鳥のコンサート
(フランス・スネイデルス)







フランス・古典主義バロックからロココへ




聖母マリアの少女時代
(フランシスコ・デ・スルバラン)






幼子イエスと洗礼者聖ヨハネ
(バルトロメ・エステバン・ムリーリョ)






困った申し出
(アントワーヌ・バトー)






食膳の祈り
(ジャン=パティスト・シメオン・ジャルダン)






盗まれた接吻
(ジャン=オレ・フラゴナールとマルグリット・
ジェラール)







ドイツ・イギリス、美術大国の狭間で




林檎の木の下の聖母子
(ルカス・クラーナハ)






青い服を着た婦人の肖像
(トマス・ゲインズバラ)



印象に残ったのは
「果物と花」
バラの花と果物が描かれていますが、
瑞々しい物と少し時期が過ぎたものの
対比がよく描かれていました。

「ドーリス式神殿の廃墟」
柱が印象的でした。

「聖母マリアの少女時代」
顔がとてもかわいらしかったです。




オフィシャルサポーターは又吉直樹さんが就任




テーマソングは
宇多田ヒカルさんの「Fantôme」収録曲、
「人魚」






2017年3月18日(土)-6月18日(日)
森アーツセンターギャラリー
(六本木ヒルズ 森タワー52階)

画像はHPよりお借りしました。



毛利庭園の桜の後に見ましたが
ランチはヒルズの中の
ミスターファーマーで








店内の雰囲気は
「アメリカ西海岸のヘルスコンシャスな
カフェ&レストラン」がテーマのようです。







場所柄海外の人も多いので
ビーガンやグルテンフリーのメニューもありますが
farmar's cobbサラダ、
オーガニックアガベドレッシングをいただきました。








少しでも伝わればと長い記事になりましたが
最後までご覧頂きましてありがとうございました。





この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
桜めぐり。。。白金~~六本木
- 2017/04/07(Fri) -

 



前から行ってみたいと思っていた八芳園。
東京都港区白金台に所在する、
1万2000坪の敷地内に庭園のある
レストラン・結婚式場です。

庭園の名称は「四方八方どこを見ても美しい」に
由来する。 ウィキペディア
 
木戸門から入って







池を一周するように桜を眺めることが出来ます。






桜の種類が多く、今はしだれ桜とソメイヨシノが
見ごろですが河津桜、八重桜、御衣黄などもあります。





































池の中にはたくさんの鯉













一番見たかったのは本館の中にある
スラッシュ・カフェのテラスからの







この桜








テラス席は予約でいっぱいだったので
中の席でカフェラテを飲んで







お庭に出ると写真撮影が真っ盛り。







5組くらいいました。









そして白金から六本木に向かいました。

六本木ヒルズの毛利庭園も正に見ごろでした。







後ろはタワーと桜







前はテレビ朝日。













撮影スポットもあります。







タワーからは桜色に染まった青山墓地や







赤坂迎賓館







新宿御苑の桜も少し見えました。




石神井川や目黒川の桜も
車窓から見ることが出来て
桜三昧の一日でした。

ご訪問ありがとうございました。



 

桜曲のオルゴール Cherry blossoms Music box  



この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
見下ろす夜桜。。。リチャード・クレイダーマンを聞きながら
- 2017/04/06(Thu) -


 



光が丘に住んでいる友達がピアノの発表会があるので
「本番前に聞いて」と言われ行ってきました。

光が丘公園も



















周りの道路の桜並木も












満開、花吹雪でした。







友達の家から見るとまた違った美しさです。



















ディナーをご馳走になりながら







発表会に弾くリチャード・クレイダーマンの
「渚のアデリーヌ」を聞いていると







暗くなってきました。







見下ろすと夜桜は
ライトアップがなくても輝いてました。






ステキなお花見をさせていただきました。




ご訪問ありがとうございました。



Richard Clayderman -
Ballade Pour Adeline  




この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
楽しすぎる聖地
- 2017/04/05(Wed) -



先日、六義園の後に
聖地に行ってきました。

ハンドメイドの聖地、
日暮里(にっぽり)繊維街です。

荒川区の日暮里にあります。
中でも生地などが豊富に揃っている
TOMOTO







先週はセールだったので
おば様方はもちろん







服飾関係の学校の生徒さんたちですごく混んでました。

生地のカットは30人くらい並んでました。







そしてゲットした1m100円の生地







この生地で







ガウチョパンツを作りました。







あまり布でサッシュベルトも作りました。







スカーフや







頭にも巻ける長さです。







こちらは去年買ったちりめんのはぎれで。


 

 

本店 東京都荒川区東日暮里6-44-6


 
 

ご覧いただきましてありがとうございました。

 
 

加工枠はheeさんより

この記事のURL | 洋裁、手芸、パッチワーク | CM(0) | TB(0) | ▲ top
穴場スポットのしだれ桜、木の下には・・・
- 2017/04/03(Mon) -


 

 
埼玉県志木市にある宝幢寺(ほうどうじ)。

桜の穴場スポットです。
満開だと言うので行ってきました。

門を入るとすぐに見えたのは枝垂れ桜だと思ったら
枝垂れ梅だそうです。







梅の左側に満開の枝垂れ桜。







青空に映えて







咲き誇ってます。







まるで桜のカーテン。







そしてその下に鎮座しているのが十三仏。







不動明王、釈迦如来、文殊菩薩……虚空蔵菩薩など、
“十三仏”あります。



























近くに珍しい桜があるらしいので行ってみました。







チョウショウインハタザクラと言うそうですが
4月5日開花予定になってました。







花びらが7枚あるように見えます。


HPより


チョウショウインハタザクラはヤマザクラの一種で、
「櫻の科学(日本櫻学会編)」平成10年9月版誌上において
世界に一つだけの新種とされている。
樹齢400年と言われ、幹まわり約3メートル、
高さ約11メートルである。
一重で比較的大輪の花を咲かせ、
中には雄蕊の1・2本が旗弁を成すものがあることから
「旗桜」と呼ばれる。
昭和期まであった長勝院にあった桜であることから
「長勝院の桜」と呼ばれていた。
平成5年10月6日に市の文化財に指定された。



Wikipedia


ご訪問ありがとうございました。



♪千本桜 


この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |