FC2ブログ
桜の後は 大エルミタージュ美術館展 
- 2017/04/08(Sat) -





世界三大美術館の一つで
ロシアのサンクトペテルブルグにある
エルミタージュ美術館

1764年にエカテリーナ2世(在位1762-1796)が取得。


大エルミタージュ美術館展 
オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち



1万7千点のコレクションから85点が紹介されています。




 プロローグ
イタリア・ルネサンスからバロックへ
          


 (この1枚だけ撮影可です。)




載冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像
(ウィギリウス・エリクセン)






羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像

(ティツィアーノ・ヴェチェッリオ)






聖家族
(ボンベオ・ジローラモ・バトーニ)







オランダ市民絵画の黄金時代




ヴェネツィァのフォンダメンタ・ヌオーベから見た
サン・クリストフォーロ島、サン・ミケーレ島、
ムラーノ島の眺め
(カナレット)






手袋を持つ男の肖像
(フランス・ハルツ)






運命を悟るハマン
(レンブラント・ハルメスゾーン・ファン・レイン)






女主人とバケツを持つ女中
(ピーテル・デ・ホーホ)







フランドル、バロック的豊穣の時代




スケートをする人たちと鳥罠のある冬の風景
(ピーテル・ブリューゲル2世)






田園風景
(ペーテル・パウル・ルーベンスと工房)






クレオパトラの饗宴
(ヤーコブ・ヨルダーンス)






厨房
(ダーフィット・テニールス2世)







スペイン・神と聖人の世紀





鳥のコンサート
(フランス・スネイデルス)







フランス・古典主義バロックからロココへ




聖母マリアの少女時代
(フランシスコ・デ・スルバラン)






幼子イエスと洗礼者聖ヨハネ
(バルトロメ・エステバン・ムリーリョ)






困った申し出
(アントワーヌ・バトー)






食膳の祈り
(ジャン=パティスト・シメオン・ジャルダン)






盗まれた接吻
(ジャン=オレ・フラゴナールとマルグリット・
ジェラール)







ドイツ・イギリス、美術大国の狭間で




林檎の木の下の聖母子
(ルカス・クラーナハ)






青い服を着た婦人の肖像
(トマス・ゲインズバラ)



印象に残ったのは
「果物と花」
バラの花と果物が描かれていますが、
瑞々しい物と少し時期が過ぎたものの
対比がよく描かれていました。

「ドーリス式神殿の廃墟」
柱が印象的でした。

「聖母マリアの少女時代」
顔がとてもかわいらしかったです。




オフィシャルサポーターは又吉直樹さんが就任




テーマソングは
宇多田ヒカルさんの「Fantôme」収録曲、
「人魚」






2017年3月18日(土)-6月18日(日)
森アーツセンターギャラリー
(六本木ヒルズ 森タワー52階)

画像はHPよりお借りしました。



毛利庭園の桜の後に見ましたが
ランチはヒルズの中の
ミスターファーマーで








店内の雰囲気は
「アメリカ西海岸のヘルスコンシャスな
カフェ&レストラン」がテーマのようです。







場所柄海外の人も多いので
ビーガンやグルテンフリーのメニューもありますが
farmar's cobbサラダ、
オーガニックアガベドレッシングをいただきました。








少しでも伝わればと長い記事になりましたが
最後までご覧頂きましてありがとうございました。





この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<樹齢800年の桜&さにべる | メイン | 桜めぐり。。。白金~~六本木>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→https://colloooon.blog.fc2.com/tb.php/326-a52e035a
| メイン |