FC2ブログ
ジュリアの記憶1
- 2011/12/26(Mon) -
ジュリアの記憶1 

今年のコスモス 群馬  2013年10月19日土
 
 
鼻高展望花の丘9/26
 

 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
小泉稲荷大鳥居周辺コスモス畑10/18
 

 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

奥多摩の紅葉と櫛かんざし美術館 2012年12月6日木
 
 

 
 
 
2年前にパッチワークの友だちと行った奥多摩。
ここの紅葉をチェリーちゃんに見せたくて
行ってきました。
 
 
あの時、一番きれいだったところ。
多摩川のほとりの御岳渓谷にある
清流ガーデン「澤乃井園」
 

 
 
 
 

 
 
 
向こうに見えるのは楓橋
 

 
 
 
橋を渡って
 

 
 
 
見下ろした多摩川
 

 
 
 
渡りきったところにある寒山寺の鐘
つきたくなっちゃうよね。
 

 
 
 
ここから急な長い坂を死に物狂いで上って
着いたところは
 

 
 
 
櫛かんざし美術館
江戸から昭和に至る櫛とかんざしを中心に
紅板、はこせこ、かつら、姫印籠、蒔絵矢立など
4000点が収蔵されています。
 

 
 
 
この時期は秋の企画展をやってました。
中は撮影禁止。
 

 
 
 
お土産品を撮ってきました。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
「古布の華やぎ展」も同時開催
 

 
 
 

 
 
 
窓の外には紅葉と多摩川
 

 
 
 
さっき渡ってきた楓橋が見えます。
 

 
 
 
エメラルドグリーンの川の流れと黄葉
 

 
 
 
そして来た道を戻ると
お昼でした。
 

 
 
 
 
ランチは澤乃井園の中のお店
「豆らく」
 
銀糠の揚出し膳
清酒を精米するときにとれる上粉(白糠)を衣に使い
ままごとやの絹豆腐をカリッと揚げた揚げ出し豆腐です。
  ↓                    

 
 
ざるの中は
ままごとやのうの花炒り
畑のお肉
ミニ厚揚げ くるみのねぎ味噌
紫芋とおからのサラダ あぶり秋刀魚添え
ぷらりのいい塩梅
里芋旨味味噌と海苔豆の佃煮
 
(「ままごとや」は同じ敷地内にある
ちょっと高級な懐石・会席料理のお店)
 

 
大豆は不眠に効果があるそうなので
美味しく頂きました~
 
 
 
このあともう、落葉した奥多摩湖までドライブ。
 
帰りにここも前にもみじがきれいだったところを
見てきました。
 

 
 
前回より見ごろは過ぎていて
お天気も良くなかったのですが
チェリーちゃんはすっごく喜んでくれました。
 
 
 
 
 
 
Yuhki倉本
ロマンス
 
 
 
 
 

 
 
 
 

クリスマス トイズで 一足お先に'mas♪2012年11月17日土

 

 
去年も行った一年中営業している
Ⅹ'masのお店
 
3店舗ありましたが
白金、代官山より
 
リーズナブルでかわいいものが多い
横浜、山手にある
「クリスマス トイズ」に
行ってきました。
 

 
 
 
一緒にかっわいい~って言って!
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

 
 
Ⅹ'masまでひと月ちょっと
プレゼント、用意しましたか?
 
まだ、早いね~
 
 
 
次はニューヨークタイムズ紙で
「世界一の朝食」と称された
「Bills(ビルズ)」
 
食べてきちゃいました~~
 
 
 
 

 
 
 


華ルネッサンス2012年11月10日土
 
 
 
テーマは復興・再生という意味を込めた
「華ルネッサンス」
 
 
入場券を頂いたので
目黒雅叙園で11月1日~18日まで開催されている
『華道家 假屋崎省吾の世界』を見に行ってきました。
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
会場は宮崎駿監督のアニメ「千と千尋の神隠し」中に
 

 
 
 
登場する湯屋の従業員宿舎のモデルとなったことでも
有名な、文化財の「百段階段」
 

 
 
 
上れるのかな~?
と、思いつつ上ると20段ぐらいごとに
踊り場がありました。
それぞれが部屋につながっています。
 
 
下から
十畝(じっぽ)の間
 
天井一面に描かれた花の日本画の作者が
荒木十畝
 

 
 

 
 
 
漁樵の間
 
漁師と樵(きこり)の相対するものの
物語が描かれています。
 

 
 
 
草丘の間
 
天井と壁の日本画の作者が磯部草丘
 

 
 
 
清方の間
 
美人画の大家、鏑木清方が愛着を持って
造った茶室風の室
 

 
 
 
部屋はこの他に
静水の間
星光の間
頂上の間
 
部屋ごとに豪華絢爛な振袖などの着物をバックに
薔薇や菊、オンシジウムなどの花やかりんの実と
カラフルに塗ったうめもどきややしの葉を組み合わせた
大胆な作品が並んでいました。
 
 
「薔薇のお部屋」には
假屋崎省吾をイメージしたバラ「Shogo ELEGANT」
ガーデンショウや京成バラ園でも見た
名作コミック「ベルサイユのバラ」の名がついた
真紅のバラが使われていました。
 
 
「頂上の間」には愛のパワースポット。
恋の成就を祈願する「鍵」が売られていて
生けてある枝に願いを込めて
つけるようになっていました。
 
 
 
階段を下まで下ると
ショップがあって
假屋崎省吾さんが商品の説明や
サインをしていました。
 

 
 
 
テレビで見たままで女っぽかったですが
テーマの復興・再生という意味が込もっている事もあって
大胆な作品はさすがに力強く
素晴らしいものがありました。
 
 
 
 
目黒雅叙園は会場に向かう通路も
 


この記事のURL | ジュリアの記憶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<(*´∀`)φ.....A HAPPY NEW YEAR | メイン | サンタさんから Christmas Present>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→https://colloooon.blog.fc2.com/tb.php/579-78ea44ab
| メイン |