FC2ブログ
夕暮れのさくら
- 2010/02/25(Thu) -
 
  河津さくら  
 


  去年も見に行った近所の河津さくら 夕暮れの中、満開でした。   
   
   こちらはもう散っちゃったようです。   
   根元には水仙が芽を出していました。   
   ♪Ladies.in.Lavender  
  

http://widget-d7.slide.com/widgets/sf.swf?cy=ld&il=1&channel=2449958197319880663&site=widget-d7.slide.com&hl=ja&fs=1&autoplay=1&loop=1
「ラヴェンダーの咲く庭で」

1936年、初老のジャネットとアーシュラ姉妹は、イギリス西部コーンウォール地方で静かに暮らしていた。ある夏の朝、姉妹は海岸に打ち上げられた若い男を見つけ、家へ連れ帰る。彼は、渡米途中に難破した、ポーランド人のアンドレア。姉妹の看病により次第に回復したアンドレアは、得意のヴァイオリンを通じて、村の生活や人々に溶け込んでいった。なかでもアーシュラの心には、遥か昔に忘れていた恋の感情が生まれていく…。

年老いた女性が、若い異邦人に抱く恋心を描いた本作は、小説家ウィリアム・J・ロックによる短編小説を基にした作品。誰かを想う気持ちは、歳を重ねても消えてなくなることはない。馬鹿げているとわかっていても、嫉妬もするし涙も出る。そんな純粋な気持ちが、青く広がる海と、小鳥がさえずる庭に切なく溶けていく、美しい物語だ。老姉妹を演じるのは、長年、英米の映画、舞台、ドラマで活躍してきた大女優、ジュディ・デンチとマギー・スミス。

アカデミー賞受賞経験を持ち、大英帝国勲章を授与された2人が、若く才能溢れる男性に抱く特別な思いを、しっとりと、感情豊かに表現していく。アンドレアを演じるのは、『グッバイ、レーニン!』で一躍注目されたドイツ人俳優、ダニエル・ブリュール。ヴァイオリンの演奏シーンには、1ヶ月の特訓を経て挑んだそう。劇中に流れるジョシュア・ベルのヴァイオリン演奏も心地よい。
この記事のURL | mallonの日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<横浜 中華街 | メイン | 横浜、元町 チャーミングセール>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→https://colloooon.blog.fc2.com/tb.php/795-e79cb317
| メイン |