FC2ブログ
薔薇とフクシア
- 2009/08/01(Sat) -
http://img232.imageshack.us/img232/3375/bw04.swf?gogo=こんな夏空の  お天気の日は  いつくるの    でしょうか?


 昨日はトールペイントのレッスン日でした。 宿題の「薔薇」はハイライトの部分を もっと強くするようにと言われ 直しましたがあまり上手く出来ませんでした。 
 でも隣に飛んでいるマルハナ蜂は よく描けましたよ。 
 昨日のレッスンでは ベース塗りが大変だった 「トランペットリリー」を描きました。 まだトランペットリリーの前の段階で フクシアと言う花と葉っぱだけでした。 
 先生は先週、小豆島、直島を旅行したと言う事で その話で盛り上がりました。 特に芸術の島である直島の 美術館は渋谷駅の建築で 有名な人が設計したということ、 この島は日本より外国での方が有名 と言うのには驚きでした。 おやつにはいつものコーヒーの他に お土産で買ってきたという 昆布が入ったしそ茶を頂きました。 帰りにいつものようにkさんと ランチをしてきました。 
 
 今日は朝から昨日の続きを描いていたら フクシアと葉っぱを全部描けました。 
 花芯とまだちょっと直すとこがあります。 夏休みの宿題をやっちゃいました。 またこれで心置きなく遊べそうです。 
 Enya♪Amarantine 

直島
外観からは想像もつかない独特な内装の空間をもった建造物などが多く、島全体がアート空間となっている。また、環境にも配慮しており、自然・文化・環境の調和に、現代美術を溶け込ませた島である。

地中美術館
設計にはウォルター・デ・マリア、そしてジェームズ・タレル、世界的な建築家である安藤忠雄の三人が選ばれました。構造の大部分を島の美しい景観を損なわぬよう地中に埋めたこの建物は、コンクリート・鉄・ガラス・木の4つの素材を使用し、まるで迷宮に迷い込んだかのような空間構成である。

フクシア(ふくしあ) [学名:Fuchsia hybrida Voss.]

アカバナ科の落葉低木。ホクシャともいう。熱帯アメリカ、南アメリカ、ニュージーランドなどに多くの種が分布するが、そのうちの数種を親として改良された園芸植物。普通は温室内で栽培し、鉢植えにして観賞される。葉は対生し、卵状披針(ひしん)形で縁(へり)に鋸歯(きょし)がある。花は径3~6センチメートルで美しく、枝先の葉腋(ようえき)に細長い柄を出して垂下する。萼(がく)の下部は筒状、上部は4片に分かれて赤色、花弁は4枚で紫紅色である。ほかに、萼が白色や桃色のもの、花弁が紫、紅、桃、白色のものなどがある。雄しべは8本で雌しべとともに長く突き出ている。花期は普通は4~6月を中心に3~11月。八重咲き品種もある。

花言葉
信頼した愛 恋の予感 センスのよさ 交友
yahoo百科事典

この記事のURL | トールペイント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ワンコとHANABI | メイン | 野菜畑とお花たち>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→https://colloooon.blog.fc2.com/tb.php/916-fc33dda2
| メイン |