FC2ブログ
24時間眠らないパン屋
- 2018/05/07(Mon) -
 


 

先日東京タワーに行った帰りに
2時までに行きたかった場所は

ここ「モンシェール」






銀座の博品館裏の屋台で販売しているデニッシュ食パンの工場ですが
こちらでも販売しています。

2時前に着きましたが20人くらい並んでました。












 2018年1月19日(金)に
NHK総合テレビの『ドキュメント72時間
「24時間眠らないパン屋聖夜の贈り物」で
この24時間パン屋・モンシェールがとりあげられました。


内容は
東京・江東区の住宅街に24時間営業のパン屋がある。
バターと生クリームをふんだんに使った「デニッシュ食パン」は、
1日1000本以上を売りあげる。
自分で食べるだけでなく、
「プレゼント」目的で買っていく人も多いという。
高級なお歳暮よりも、ちょっと気が利いた贈り物が今の気分なのだ。
常連客のために大量のパンを買いつけるクラブのママ。
親の介護を任せている兄弟への手土産など。
甘くておいしいパンの行方を探る3日間。


買った人はみんな幸せそうな顔をしているのが印象的で
(きっと美味しいんだろうな~)と
私も見てましたが友達も見ていて買ってきてくれました。


一口食べるとほんのり甘く、ミミまでフワッフワ









この味が忘れられずに買いに行ってしまった訳です。

テレビで紹介されたので人気が出て
一人2斤を2本までに制限されてしまいました。




2斤980円ですがそれだけの値打ちがあるパンでした。
遠いけどまた行きたいと思いました。


所在地〒135-0016 東京都 江東区東陽5丁目24−10
販売時間は午前10時と午後2時に変更されてます。


銀座は夕方5時から販売です。
所在地 〒104-0061 東京都 中央区銀座8丁目8−11






途中通った「永代橋」があまりに美しかったので
赤信号で止まった時に撮影しました。






隅田川に架かる永代橋はライトアップするそうです。


webよりお借りしました。


ご訪問ありがとうございました。


キラキラフレームはstarさんにお借りしました。



♪AMBITIOUS JAPAN!/TOKIO [Music Box]  























この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
究極の癒しカフェ  ぼうず'n coffee
- 2018/05/02(Wed) -


 
去年からずっと新緑の季節になったら行きたい
思っていた場所があります。

それは曹洞宗、瑞鳳山、祥雲寺。

祥雲寺は江戸に改山して約500年、
由緒あるお寺のようです。

漫画家の石ノ森章太郎さんのお墓もあるそうです。


朱塗りの山門を





入って行くと





右側に可愛いお坊さんが描かれた赤い看板があります。
来たかったのはこのカフェ
「 ぼうず'n coffee」



「時々開いてる」と書いてありますが
それには訳があります。
後ほど説明しますね。


入り口で注文します。
メニューは黒板に書いてあって
カフェアートをしてくれる
カフェラテ、カフェモカなどの他に
ココアや抹茶オレなど。

お抹茶などには和菓子もセットになっていて
単品でも注文できます。

テイクアウトも可です。





この鐘は「誰もいない時に鳴らしてください」と
書いてありました。





席は選べます。




この廊下の突き当たりを右に曲がると





新緑のころに来て見たいと思った風景が広がります。
CMで見た京都の瑠璃光院を思い出します。



いつもは法事や祭事、精進落としの会場として
使われている書院。
ここから見える中庭は
仏の世界を想わせるような風情です。



外縁、内縁、広縁があります。





中庭は敷石の大きさを微妙に変えることで、
奥行きを表現していると言われる
元禄時代からある模様で苔と板石による「市松庭」。





お坊さんが運んでくれたカフェラテとほうじ茶プリン。





お庭を見ていると右の方に植えてあるイロハもみじの葉に
ピンクのトンボのようなものが見えました。
もみじもお花が咲くのかな?と調べてみたら
翼果(よくか)と呼ばれる羽根をつけたような果実でした。







このカフェはお坊さんが去年27歳の時にオープンしました。
カフェが好きだったことから大学卒業後、
カフェの専門学校へ行って、お坊さんとして修行した後に
実家である祥雲寺に戻ってきたそうですが
「カフェをやりたい」という気持ちがあったようです。


そこでご両親に相談し、
書院を使って営業する事になったそうです。


「時々開いている」と言うのはお寺の仕事がなくて
書院を使用しない時にオープンしているからです。


週に1~2回開ける日時は毎週日曜日の夜
InstagramやFacebookで発表されます。

鎌倉や京都にあるかと思われるこの場所は
東京のど真ん中、池袋から7分のところにあります。



テラス席はこの日、通り雨の予報が出ていたので閉鎖中。
入ることが出来ませんでした。



テラス席にも行ってみたいし、
他の飲み物も飲んでみたいし、

「広間の窓越しに眺める中庭は、都会の喧噪とは無縁の静けさ。
春は生命の息吹を、夏には一服の清涼感を、
秋には燃える紅葉を、冬は凛と張りつめた気高さを、
四季折々の表情で参列者の目を和ませてくれるお庭です。」
とHPに書いてあったので
また絶対に行きたいと思います。


館内はバリアフリーになっていて
家からも近い究極の癒しカフェでした。




東京都豊島区池袋3-1-6祥雲寺内

03-3984-2408

ご訪問ありがとうございました。
 
 

 
♪Fennesz & Ryuichi Sakamoto - Haru  
 


この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東京タワー333匹の「鯉のぼり」と巨大「さんまのぼり」
- 2018/04/27(Fri) -




   
東京タ ワーに鯉のぼりを見に行ってきました。




「端午の節句」恒例企画として、
東京タワーの高さ333mにちなんだ大小色とりどりの鯉のぼり 333匹。













鯉のぼりと東京タワーのコラボを見たかったのですが
さんまの形をした巨大なさんまのぼりもどんなの?
と興味津々で見てきました。








朝から青空で爽やかな日でしたが
風がなくてぶら下がってる感じ。




さんまのぼりはポールに取り付けられてるのでどれだかさえわかりません。


と、その時風が吹きました。


が、一緒に吊るしてある大漁旗だけしか
はためきませんでした。







次の風では逆立ち







三度目の風でやっとその姿を現してくれました。







色も形もリアルでした。



画像の右角クリックで大きくなります。↑



5月のゴールデンウィーク最終日まで
東京タワー1階正面玄関前に飾っています。


長さ6mのさんまのぼりは、
毎年9月に開催する「三陸・大船渡東京タワーさんままつり」を通じて
友好関係にある岩手県大船渡市の皆さんと
東日本大震災で被災された皆さんに
復興のエールとメッセージを込めて
震災直後の2011年4月に製作し
その年の鯉のぼりイベントで初めて揚げました。

それ以降、東京タワーではサンマのぼりと大船渡から送られた大漁旗を
東京タワーの正面の掲揚ポールに定期的に揚げているそうです。






この後東京タワーに昇りたかったのですが







2時までに行きたい所があったので
お土産だけ買って



タワーを後にしました。



ご訪問ありがとうございました。


キラキラフレームはstarさんにお借りしました。


♪Van Halen - Jump  
「Ready Player 1」より

  

この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パステルカラーに癒されて・・・「ガーデンネックレス横浜2018」
- 2018/04/21(Sat) -




ガーデンネックレス横浜2018」は、
花や緑に気軽に親しめる横浜市のイベント。

2017年に開催された「第33回全国都市緑化よこはまフェア」を
きっかけに、花や緑を愛する市民の心をつなぎ、
横浜の自然環境を育むリーディングプロジェクト
「ガーデンシティ横浜」の
推進のために始まったものです。



山下公園や横浜公園をはじめとする「みなとエリア」、
よこはま動物園ズーラシアに隣接する「里山ガーデン」の
2つのエリアを中心に開催されています。



友だちのCちゃんと行ってきました。

初めに訪れたのは、旭区の会場「里山ガーデン」。

木々に囲まれた敷地を歩きながら見られるのは約100品種・
約30万本もの花々。

入り口には
横浜の花と緑をPRするアンバサダーの三上真史さんがデザインした
「ウェルカムガーデン」。


「笑顔の花咲くナチュラルガーデン」をテーマに、
チューリップやビオラなどの花々が咲き、
中央にはキャラクターのガーデンベアがいます。
 
























「里山ガーデン」のシンボルは、
約10,000平方メートルもの広さを持つ「大花壇」。













今回のテーマは「花霞(はながすみ)の丘」。















横浜市内産のパンジーとビオラを主役に、
種子から育てたワイルドフラワーやチューリップなどが植えられています。




















区画ごとに植えられている花が異なり、
「花の見晴らしデッキ」からも見ることが出来ます。

































今年一番暑い日でしたが
春のパステルカラーの花々に癒されました。









このあと「ガーデンネックレス横浜2018」のもう1つの会場
「みなとエリア」の横浜公園に行ってみました。







横浜球場の隣にある公園はチューリップで彩られていたようですが
時期がちょっと遅かったようで残り僅かでした。







ランチは日本大通りのお店で。






バラが満開になる五月には山下公園の「未来のバラ園」
(約190品種・2,300株)をはじめ、
港の見える丘公園の「イングリッシュローズの庭」
(約150品種・1,100株)、「香りの庭」(約100品種・500株)、
「バラとカスケードの庭」(約80品種・500株)で
色や香りが異なるバラを見ることが出来ます。

行けたらまた見に行きたいと思います。



ご訪問ありがとうございました。

キラキラフレームはstarさんにお借りしました。


Lady Gaga - Your Song

この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
♪う〜す紅色の〜♪ハナミズキ通り
- 2018/04/14(Sat) -





暑い町に桜を観に行ってから
微熱が続いて絶不調でした。

そんな時、友達のCちゃんが誘ってくれたので
2週間ぶりにお出かけしてきました。

Cちゃんが行きたかった与野の黒田園芸で
カラフルなお花を見て






















2〜3日前の強風でもう散っちゃったと諦めてた
大宮公園のハナミズキ。










私を待っててくれました。




空に白やピンクのトンネル。






3年前には混んでて入れなかった

 art cafe Linden(アートカフェ リンデン)で







ランチも出来ました。





久しぶりのお出かけ、ランチで

また少し気力が出てきました。





ご訪問ありがとうございました。


♪ハナミズキ / 一青窈 [オルゴール]  




キラキラフレームはstarさんにお借りしました。







この記事のURL | お出掛け、ランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ